温度が一定だから、体に負担をかけません

住宅を建てたいと思った時、間取り、設備、デザインにいろいろなイメージが浮かぶものです。 でも、快適な住み心地の実現も大切な要素であることを忘れないで下さい。 住み心地とは空気環境の快適さの事です。 空気環境は家にいる間中絶え間なく感じ続ける環境です。見た目や設備で高級住宅を謳うものも多く見受けられますが、肝心の住み心地の部分をおろそかにして、後から後悔するという事例は意外に多いのです。 住み心地を左右するのは“断熱”です。そして、断熱の効用は2つあります。

1) 冷暖房のコストがより少なくて済む
2) 部屋単位の冷暖房ではなく家全体が均一な環境になるので、浴室、トイレなどが寒いといった事が起きにくい


北日本は別として、日本の住宅は総じて断熱に対してあまり注意を払ってこなかったように見受けます。結果、夏はエアコンをフル運転し、冬は部屋の中でも暖かいのはコタツの中だけという状態が普通です。 住宅とはそういうものだ、という感覚を持つ人が未だに多いようです。 居室とそれ以外の場所の温度差が大きいというのもストレスです。 この温度差は血圧や心臓に負担をかけ健康へのストレスにもなります。 さらに、不快な結露やカビやダニなどを原因とする空気環境を汚染する恐れもあります。 断熱を軽視しては絶対に良い家になりません。 私達はそういう家を提供したくありません。きちんと断熱された快適な住宅を提供したいと考えています。

The kind of comfort that a high-end house has to offer

When we wish to build a house, we imagine a floor plan, facilities, designs, and many other factors. But remember, achieving comfort is one of the most important factors. Comfort in living is synonymous with air quality comfort. The air quality is perceived all the time while at home. While there are many high-end houses that concentrate on appearance and facilities, there are many cases where the most important comfort factor is neglected, and we end up regretting the decision later on. The key factor that dominates comfort is insulation, and it produces two effects.

1) Insulation reduces air-conditioning costs.
2) Unlike room unit air conditioning, insulation creates uniform conditions throughout the entire house―the bathrooms and toilets are less likely to have different temperatures.


   Except for the northern part of Japan, Japanese houses in general have not paid much attention to thermal insulation. As a result, air conditioners operating full blast in summer and the warmest place in a room is under the kotatsu table (table equipped with a heater) in winter are taken for granted. Many people still consider such situations normal for houses.

Temperature differences between the living room and other rooms cause stress, as well. The temperature difference puts a strain on blood pressure and the heart, resulting in stress to human health. It might also cause unpleasant condensation, mold, or mites that compromise air quality. If you ignore insulation, you will never have a good house. Such houses are simply not suited to our style. Instead, we are committed to properly insulated, comfortable houses.

資料請求のご請求
全国のスターハウス
加盟店募集

スターハウスのサンドイッチ断熱構造は、日本国内で採用されている一般的な他のどんな工法と比べてもトップクラスの断熱性能を発揮します。65mmの断熱材が2枚、壁を両側から挟みこんで家全体をすっぽり覆っているのです。この結果、冷暖房に必要とするエネルギーを大きく削減します。下のグラフのように、外気温が上下しても室内温度の変化は非常に少ない範囲でおさまることが測定結果から明らかになりました。

外気温と室内温度のモデルハウスによる測定結果



測定期間中、外気温の最高値と最低値の差が14.1℃と変動が激しかったにもかかわらず室内の温度は18℃以上を保っており、温度差は5℃程度でした。一日中で最も外気温度変動幅が大きい21日の測定では、外気最高温度は29.2℃、最低は15.1℃でしたが、室内温度は、20.1〜23.6℃の範囲内に推移しており安定している結果が得られました。冷暖房をしなくても、建物自身の高い断熱性のおかげで、快適な温度が保たれるということが実証されました。

温度差が健康被害をもたらすという事実を知ることは、家創りにおいて大変重要な要素です。特に冬場、暖かい部屋から廊下やトイレ、浴室などに移動した際の急激な温度差によって血管が収縮する為心臓に大きなストレスを与えます。この結果、血圧の急激な変化をもたらすのです。これが引き金となって脳卒中、心臓発作などが起きるリスクが高まると言われています。血圧に関しては、入院していた高血圧患者が帰宅して病状を再発させる要因として、断熱が不足している住宅の中の温度差が影響しているという傾向も指摘されています。浴室で亡くなる高齢者の方は年間1万人にも及び、その多くはヒートショックが要因であるとも言われています。永く住む我が家です。ご自身が年齢を重ねるという事も考慮してください。

温度を保つ働き

高い断熱性能があるので、部屋の温度を調節してから冷暖房を切った後でも、温度変化を抑える効果があります。 下のグラフは、外気温が0℃前後の冬の夜、リビングを26℃に設定したのち暖房を切ったら7時間後室温が何度になっているか、という結果をシミュレーションした結果です。就寝前に暖房を切って、朝早くに布団を出たときを想定しています。

リビングルームの温度変化種ミレーション/同じ条件の時のユニットバス内の温度変化

グラフから分かるように、温度の下がり方が緩やかな為、朝の寒さも和らぎます。温度変化によるヒートショックの影響もより少なくする事が出来ます。
更に、実際に建物に住んだ場合に、どのくらいのエネルギー削減が可能になるか、ということを分析したのが次のグラフです。グラフの通り、住宅金融公庫基準の断熱性能を有する木造在来工法と比較しても38%以上のエネルギー削減が可能になるという試算結果が出ています。

【前提条件】
上記のシミュレーションは以下の設定で行った結果です。
概要:2階建て108.35u程度のプラン
スターハウス:標準仕様(サンドイッチ断熱)
木造:公庫基準W地区向けの標準的な仕様

年間冷暖房費の試算は、22℃で暖房入り、25℃で冷房入りの前提で一年を通して調節する場合の冷暖房費を電気料金に換算した場合です。あくまでもシミュレーションの為、実際の電気料金を保証するものではありません。

温度が一定だから、体に負担をかけません

断熱性能が低い住宅は、家の中に温度差を生じます。冷暖房が部屋単位になるため家の中に快適な場所とそうでない場所ができてしまいます。その点、サンドイッチ断熱構造は十分な断熱材ですっぽりと家全体を覆う構造ですから、家の中の温度を常に均一に保つことができます。さらに、空気の循環を考慮した換気システムで、家の中の空気環境はいつでも快適です。


結露を押さえる独自の工法

通常の内断熱は、コンクリートが外気にさらされ室内の温度と大きな差が生じるため、壁体内に結露が起きやすくなります。この水分はやがてカビ・ダニの温床となり、健康被害の一因になってしまうことも。一方、サンドイッチ断熱構造は外側の断熱材が建物を被うため、結露を抑えることができます。24時間換気による新鮮な空気の取り込みと組み合わせることで、健康で快適な室内環境の維持が可能になります。

断熱方法の違い:在来木造工法や鉄骨プレハブ造で最も一般的な断熱方法は、充填断熱という方法です。この方法はイラストのように建物の構造を支える柱と柱の間に断熱材を入れる方法です。
この工法は柱そのものが断熱されない為、熱を遮断できない部分が出来やすいことと、特に鉄骨の場合、外気で冷やされた鉄骨に室内の暖かい空気が触れて結露を生じ、長年放置すると構造材にさびが発生したり、カビやダニが繁殖したりするという問題が指摘されてきました。近年話題になっている外断熱工法はそれらの問題を解決できる断熱方法として注目されているのです。 RC造は一般的に、壁の内側にウレタンを吹き付ける方法が主流です。しかし、コンクリート壁が外気にさらされている為、コンクリートそのものの温度が室温と大きく差がついて、冬場は結露、夏は遠赤外線効果による不快な暑さを感じてしまいます。気密性が高いコンクリート建築は、結露の逃げ場が少なく、数年で壁の内部がカビや腐食を起こし、健康被害の引き金になるなど、住環境への悪影響が指摘されています。

スターハウスのサンドイッチ断熱は、イラストのようにコンクリートの壁の両側に65mmもの断熱パネルが貼り付いている構造です。 外側の断熱材は「外断熱」の効果を発揮し、コンクリート壁をすっぽり覆うことで、高い断熱性を発揮するだけでなく、壁が外気にさらされない為、室温との温度差が大きく開かず結果的に結露の発生が抑えられます。また、コンクリートが外気に左右されることで起きる膨張収縮が抑えられるため、コンクリートそのものの寿命が長持ちする、といわれています。

下のイラストは、同じ温湿度の条件で、内断熱とサンドイッチ断熱の構造の違いによる結露の発生具合の比較シミュレーションです。 イラストの赤線がその部位の実際の温度、青線が「露点温度」を表しています。露点温度を下回ると、その場所の空気が結露を起こし始めるという理論的な限界温度です。この数値は空気中の水蒸気量から求められます。つまり、この「露点温度」を実際の温度(グラフでは赤線)が下回る場所には結露が起きる、と理論的に予想できるということです。シミュレーショングラフから、内断熱の場合の室内側の壁の表面が、結露を起こすということが表れています。このシミュレーションは寒冷地に限ったことではありません。外気温が5度という条件ですから、日本中どこでもありえる環境条件です。



外気温と室内温度のモデルハウスによる測定結果
図


内側の断熱材の効用 サンドイッチ断熱構造は、内側にも断熱材があります。この構造のおかげで室内側にコンクリート壁が接しない為、長時間の不在などで仮にコンクリート温度が快適な室温から大きく離れてしまっても、すぐに冷暖房の効果が得られます。断熱材無しで内壁が仕上げられると、冷暖房エネルギーがコンクリートに吸収されて、快適な室温になるまでに大きなエネルギーを必要としてしまいます。また、暖房し始めの壁が暖まっていない状態では、結露を発生させる要因ともなります。 両側の断熱材が様々な状態の室内環境に最も適応する構造なのです。同量の断熱パネルを内、外にバランスを変えて配置した場合のシミュレーションでは、内外に配置した場合(サンドイッチ断熱と同じ)が最もエネルギー効率が高いという結果が出ています。

サンドイッチ断熱パネル構造図サンドイッチ断熱パネル構造図
サンドイッチ断熱パネルを使用することにより、外断熱を超えるサンドイッチ断熱構造が形成されます。構造的に結露が起こりにくい上、冷暖房効率が大幅にアップします。


※コンクリート厚、配筋はプランによって異なります。
※サンドイッチ断熱パネルを使用したサンドイッチ断熱構造はRC壁部分の構造・工法です。RCスラブ部分(屋上)については、ワッフルワイドスラブ工法による内断熱構造にすることも可能です。地域、加盟店により仕様が異なることがありますので見積りなどの際にご確認ください。


スターハウスに使用されているサンドイッチ断熱パネルは「EPS」と呼ばれる素材でできています。EPSはその高い断熱性と耐久性が評価され、南極昭和基地の断熱材にも採用されたものです。 耐久性を評価する目的で近年の性能測定が行われましたが、南極で40年使用された後も建築当初とほぼ変わらない性能を維持することが証明されました。このパネルは、外装材を貼り付ける乾式工法はもちろん、塗り壁やタイルにも対応可能。炭素と水素のみでできているため、燃焼時の急性毒性ガスも発生しません。環境にやさしい材料だけに認められる「グリーン購入法」の基準に適合した素材です。


建築物に使用される断熱材には主に下記のものがあります。

1) グラスウール
ガラスを繊維にして綿状に加工した断熱材です。
無機質なので燃えず、ガスも発生しません。
木造住宅の断熱材として最も多く使われているものです。
(引用:EPS建材推進協議会より)

2) ウレタン吹きつけ
コンクリート造で最も一般的に使われる断熱材です。コンクリート壁に直接ウレタンを吹き付ける工法のため、どんな形状の場所にも断熱施工ができるというメリットがあります。一方断熱性能の劣化が早い上、現場の施工次第で品質のばらつきがでる等のデメリットも指摘されています。15-20mm程度の吹き付けが一般的(関東地域)なため、地区によっては十分な断熱性能が得られず、結露や壁の腐食などの問題が起きる場合があります。

3) 発泡プラスティック系断熱材
ポリスチレン、ウレタン等をパネル形状に成型したもので、発泡素材別に様々な製品があります。なかでもEPS(ビーズ法ポリスチレンフォーム)は耐久性も高くリサイクルも可能で最も環境配慮がされている素材といえます。
(引用:EPS建材推進協議会より)

EPSパネルの耐久性評価(南極昭和基地使用材料の評価試験)
【経緯】1957年、日本建築学会・南極建築委員会が設計、(株)竹中工務店が実施設計、制作した第一次南極観測隊用建物が、1997年40年ぶりに日本に帰ってきました。 この建物に使用されていたEPS断熱材の性能チェックを竹中技術研究所と日大理工学部が行いました。


【測定結果】
熱伝導率測定はJIS A 1412(保温材の熱伝導率測定法)に準じて行われました。その結果、建築当初から熱伝導率の性能値に殆んど変化が見られず、非常に高い耐久性が実証されました。

*EPS建材推進協議会作成資料から

【有毒ガス燃焼試験】 下記のように燃焼時に発生するガスを測定した結果、急性毒性のあるシアン化水素ガス、塩化水素ガスの発生はありませんでした。


*EPS建材推進協議会作成資料から

外装仕上げのバリエーション

1. タイル貼り:補強した下地の上に直接タイルを貼ることができます。 2. モルタル塗り仕上げ:補強した下地の上に、お好みの色素を混ぜ込んだ樹脂モルタルを塗ることで塗り壁の仕上げができます。表面のこて使いで、南欧風、和風、など様々なテクスチャーが表現できます。
3. EPSモールディングによる装飾仕上げ:EPSパネルと同じ発泡素材の形状を加工し貼り付けることで、彫刻様の形状が再現できます。非常に多彩な表現が可能になる上、樹脂モルタルとグラスファイバーメッシュを塗りこむことで強度も問題なく仕上げられます。個性的な外観を容易に実現できます。 4. 窯業系サイディング・ガルバリウム鋼板仕上げ:パネルの上にサイディングパネルを貼り付けることが可能ですので、お好きなパネルを外装仕上げに使用する事が可能です。


EPSパネルは様々な外装の仕上げが可能です。断熱パネルの上にグラスファイバー製のワイヤーメッシュを樹脂モルタルで塗り付けることで、高い強度が得られます。この状態の下地に、様々な仕上げ素材を使うことで、どんな仕上げにも対応できるのが特徴です。

前のページへ 次のページへ
性能について断熱性能遮音性能耐震性能資産価値環境への取組み ページの先頭へ