加盟費用のご案内



温度が一定だから、体に負担をかけません

高性能RC住宅を販売しませんか?
貴社の新しい顧客層の開拓の為、ハイグレード商品として、RC住宅を取り入れられてはいかがでしょうか。貴社は素材価格の高騰、新興ビルダーの急成長や、人口減が始まった昨今の環境変化に、どのような対策をお考えでしょうか?

・安売りビルダーが地域に進出し影響を受けているが、対策はないか
・素材や工賃が高騰し、下がった利益率を改善したい
・他の顧客層に訴える商品で売上を伸ばしたい
・将来の少子化や市場の縮小に対して、収益を維持する方策を検討したい

では、どのように?その為に、RC住宅を活用されてはいかがでしょうか?
商品の差別化は簡単ではありません。例えば木造住宅で、性能や構造をアピールしようとしても、他社との差をうまく理解してもらうのは難しいものです。外観や設備などで特徴を出そうにも、どの会社も、国内大手住設メーカーから仕入れているわけですから、違いをアピールするのも簡単ではありません。貴社でも、営業力や会社の実績・信用などを総動員して受注を獲得されていることと思います。

一方、RC住宅はすこし違います。そもそもRC住宅は高額です。
お医者様、社長様、芸能人、プロスポーツ選手・・などのセレブの方々が住む家、というのが一般的なイメージです。コンクリートは・・、鉄筋は・・などと説明しなくても、強くて頑丈で安心の高級品であることは、お客様は皆ご存知です。工法そのものがある意味ブランド的な価値を持っているということです。

そこで、コストを下げ、差別化をするという戦略をご提案いたします。
私達の特許工法は、コストを下げることが可能です。私達の工法は、基本的には型枠工事と断熱工事を一つの工程にする事で大幅な人件費の削減を可能にします。また、簡易工法ですから、専門の型枠業者だけでなく、多能工的な工夫をすればさらにコストを削減できます。結果的に、大手ハウスメーカーと同等かそれを下回る水準で、高性能RC住宅を供給できます。

大手ハウスメーカ(プレハブ住宅)の地域別シェア
大手ハウスメーカ(プレハブ住宅)の地域別シェアの図

さらに、この商品は、コンクリートの基本性能に加えて、サンドイッチ断熱などの特許工法によって、段違いに高い性能を発揮します。心配な結露もほとんど起きません。入居された施主様からは、引渡し後に

・電気代が1/4になった! (山形県新庄市)
・床暖房すると暑過ぎるくらいです。(青森県青森市)
・子供の肌荒れがすっかり良くなりました。(北海道札幌市)
・家の前の交通騒音が全然気にならなくなった!(富山県富山市)

等のお褒めの言葉をたくさん頂戴しています。価格相応というよりも、期待以上の住み心地の良さに対する驚きの声です。このような評判が、次のお客様の紹介につながるという循環を生んでいます。

国産大手自動車会社が大変な費用を掛けて高級ブランドを立ち上げました。この戦略は我々にとっても大変参考にすべき事例です。 日本は2005年をピークに人口が減り始めました。人が減るという事は、単純に住宅を買う人も減ってゆくという事です。市場が縮小すると、業者の選別が熾烈になり、特徴のある商品しか生き残れません。その時、徹底的に低価格戦略で体力勝負に参加するか、特徴のある商品を武器に、ニッチまたは高級化戦略をとって利益率の向上を目指すか、どちらかの戦略を選ばなければならないのです。住宅事業を営む我々は、そろそろ具体的な手を打つ時期だと、考えます。

私達スターハウスは、グループ会社のヒーローライフカンパニーと共に、ずっとRCにこだわってきた会社です。(ちなみにヒーローライフカンパニーが展開する賃貸住宅ヒーローマンションは全国住宅供給ランキングで10位の供給数を誇ります)賃貸マンション市場では、RC造への人気は絶大です。住み心地の良い住環境を実現する方法論は一つではないことは承知しています。本当に住み心地の良い住環境であれば、それは木でも鉄でもRCでもかまわないのがお客様の本音だと思います。ただ、私達は元々得意だったRCという工法にこだわり、かつ、その断熱性能に徹底的にこだわって技術開発をしてまいりました。今後も、工法の改善、開発の手を緩めるつもりはありません。今まで頂いた、お施主様からの沢山のお褒めの声は、私達の自慢であり、誇りでもあります。この性能をもっと多くの人に知っていただきたい、というのが私達の願いです。

近年、環境意識の高まりから、住宅の断熱性能が大変注目されています。でも、未だに業界の中の人ですら断熱性能をさほど重要視しない人がいることも事実です。私達は、疑うことなく、断熱性能が住宅の住み心地の良さに直結すると考えています。暖かい地域でも、断熱性が夏場の電力消費を大幅に抑えることはご存知と思います。沖縄県にお住まいの私達のお客様も、暑いからこそ断熱性能がありがたい、とおっしゃいます。我々のこだわりは、"真冬でも家の中ではTシャツでビール”という北海道の暮らし方がベースになっています。家中均質な温度であるということは、地味ではありますが、快適性の最大の条件なのです。私達はここにこだわった技術開発を続けてきましたし、今後も続けて行く所存です。最高級の住宅にふさわしい住み心地を提供し続ける為に、ここは正直言うとデザインよりも何よりも大事なことだと思っています。

私達がまじめにこだわってきた商品です。性能には自身があります。RC住宅は日本ではまだまだ一部の特別な方の住宅です。私達が採用している型枠兼用断熱材を使った工法は、米国などではICFs(Insulating Concrete Forms : 断熱型枠)住宅と呼ばれています。2000年頃から、大変な勢いで成長し、近年では年間の住宅着工の約5%に採用されるまでに拡大しています。



ICF戸建住宅のマーケットシェア(米国)
ICF戸建住宅のマーケットシェア(米国)の図


快適性、エネルギー効率、強度や耐久性、遮音性など、優れた性能が評価された結果です。日本でも、時間を置かずに米国と似たような現象が起きると確信しています。「地域で最高級の住宅を手がける住宅会社」の仲間入りをしませんか。




10.11.24 埼玉県のウチヤマ建設がセミナーを開催します
08.11.13 スタイリングプロ トークセッションのご案内
08.10.27 <建築・施工・不動産会社様向け>現場見学会開催のお知らせ
次のページへ
加盟店募集トップスターハウスを選ぶ理由説明会のご案内加盟費用のご案内加盟店一覧 ページの先頭へ