ホーム > デザイン > 建築家のご紹介 > 東 信洋(space fablic)

建築家のご紹介

1996年 東京大学 工学部建築学科 卒業
1998年 東京大学 大学院建築学専攻 修了
1998年 鹿島建設 建築設計部
(在職中は主に住宅、集合住宅の設計に携わる)
2002年 space fabric 設立

いただいたご縁を大切に、人の心を活かし、物の心を活かすデザインを心掛けています。100の窓があったら100のデザイン、一つとして同じデザインはありません。自分の考えを押し付けるのではなく、あくまでも、お客様の気持ちに添った提案を心掛けています。そのうえで、ワンランク上の、その方らしいスタイルをデザインしています。

建築主さんと一緒に家作りを楽しみたいと思いながらこの仕事をしています。出来上がる家がいい家になることはもちろん大切ですが、完成に到る過程をいかに「楽しく」サポートしていくことができるかが自分の使命だと思っています。打合せ中に全く別の話題で盛り上がったり、まじめに議論したり、たまには飲みに行ったり・・・・設計・工事を進めていく中でいろんなことを楽しめたらと思っ ています。

鉄筋コンクリートによる躯体の堅牢さ」、「非常に高い断熱性」、「遮音性」これらの性能を追求しそれを住まいとして作り続けているスターハウスさん。こういった基本的部分の性能を高めていくことに注力し非常に「まじめ」かつ「王道をいく方法」で日本の住宅レベルを底上げすることに挑戦している企業です。

先日那須の工場とモデルハウスを見学し技術者の方たちから工法についていろいろなお話を伺いました。技術的にこのレベルに来るまでには北海道での経験を生かしつつも非常にたくさんの試行錯誤をしてきたことがうかがえました。

見学していてふと思ったのですがスターハウスさんのこれらの技術はコンピューターにたとえるならば「すぐれたOS(オペレーティングシステム)」のようなものだと感じました。OSはコンピューター上でさまざまなアプリケーションを使うことを可能にする基本的なプログラムです。コンピューターを使うときOSが優れていればいるほどその存在は意識されずストレスも感じずすんなりと操作が出来ます。

今回この優れたOSを使いながら私たちは建築主さんと一緒になって住宅を作っていきます。優れたOSは決して派手ではありませんがその懐はとても大きいです。建築主さんの要望、私たちのアイデア・・・これらをストレスなく受け入れてくれます。そして住まいが完成したときには「鉄筋コンクリートによる躯体の堅牢さ」、「非常に高い断熱性」、「遮音性」という基本的性能の高さはそこに住む人たちの生活を心地よく包み込んでくれることになると思います。

2003年
生田の家 神奈川県川崎市(完成ドリームハウス・テレビ東京放映)
江戸川の家 東京都江戸川区(完成ドリームハウス・テレビ東京放映)

2004年
奥戸の家 東京都葛飾区
北小岩3丁目の家 東京都江戸川区(新しい住まいの設計05年5月号 掲載)
北小岩5丁目の家 東京都江戸川区
北方の家

神奈川県横浜市

2005年
福島の家 福島県福島(新しい住まいの設計06年3月号掲載)
中村橋フラット 東京都練馬区
江古田フラット 東京都杉並区
桜丘の家 東京都世田谷区(月刊ハウジン06年2月号掲載)
中海岸の家 神奈川県茅ヶ崎市(&home vol.8掲載)
御所山町の家 神奈川県横浜市
東日暮里の家 東京都荒川区
用賀の家 東京都世田谷区(新しい住まいの設計06年9月号掲載)

2006年
十間坂の家 神奈川県茅ヶ崎市
神宮前の家 東京都渋谷区

前のページへ 次のページへ
東 信洋田中 剛山本邦史郎宇野健一/瓦井隆司 ページの先頭へ