「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」が、平成21年6月4日に施行されました。
この法律によって長期間にわたって一定の品質と性能が維持できる住宅は、
税制面などの優遇措置が受けられることになります。

 

この法律のねらいは「いいものを作って、きちんと手入れして、長く大切に使う」ことが
できる住宅の普及を進めることです。
このために住宅の質的向上をはかり、世界的に短命といわれる住宅寿命を
伸ばすことで、以下の効果が期待できます。

 

この法律で評価される性能とは、構造躯体の劣化対策、耐震性、省エネルギー性などです。
これらの性能を持つ住宅の建築計画を所管行政庁に申請し、認定を受けることで、
最大600万円の住宅ローン控除、固定資産税、不動産取得税、登録免許税の軽減が受けられます。

  仕組みと優遇措置(メリット)の概要 →国土交通省の説明のページ 
  「長期優良住宅」9つの認定基準
 
  国土交通省の説明のページ 
 
 

この法律のめざす住宅性能の質的向上は、スターハウスが掲げるコンセプトと
全く同じ目的を共有しています。

以下に、本法律が長期優良住宅に求める認定基準ごとに、スターハウスが
どのように対応できるか、概要を示します。

尚、認定をご希望される場合は、必ず見積もり依頼時に営業担当者に
明確にお申し入れください。
設計・見積もり確定後の対応は出来ない場合がございます。

スターハウスは、ハウスメーカーの住宅商品と違い、1棟1棟個別に設計された
オリジナルプラン提案が前提です。

個別に構造の強度計算をすることで必要な壁の配置や鉄筋の量等が算出され
その結果に基づいて建物本体が設計されます。
また断熱性能などは地域によって要求される性能が異なります。
従いまして、事前に認定が確認された、いわゆる「適合商品」という扱いができる
プランはありませんが、個々に対応させていただきます。